幸水 あらや梨 3L 8玉 山形県庄内産 【庄内の恵み屋】

通常価格: ¥2,376(税込)
新春セール: ¥2,000 (税込)
[ポイント還元 20ポイント~]
販売期間: 2022年01月01日00時00分~
2022年01月31日22時59分
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

※ お届け時期は8月末から9月上旬頃となります。

【 収穫時期は天候具合で前後することがあります 】   


 幸水
井上眞
 
 和梨の品種は、果皮の色から黄褐色の赤梨系と、淡黄緑食の青梨系に分けられます。この果皮の色の違いは、果皮のコルク層によるもので、赤梨系の品種では、初夏にコルク層が発達して褐色になり、青梨系では果皮がクチクラ層に覆われていて黄緑色となります。
 現在、栽培されている和梨の多くは赤梨系で、青梨系は二十世紀、八雲、菊水、新世紀などの少数です。
 幸水は、赤梨のひとつで1941年に菊水と早生幸蔵とを交配させて作られ、1959年に命名・発表されました。
 幸水は早生品種の中でも収穫期が早く、庄内では8月下旬から9月上旬で、収穫期間も短かくなります。赤梨系の梨ながら中間色(中間赤梨)で、若干黄緑色の地色があります。
 酸味が少なく糖度が高く果肉もやわらかで、果汁が多いのが特徴です。反面、日持ち短いという難点にもなっています。 しかし、冷蔵庫に入れることにより保存性が高まります。
 晩夏の厳しい暑さの中で、水分補給のため冷やした幸水を食べるのは、格別の美味しさです。
 
無体栽培 
 和梨の無袋栽培は、梨の実に袋掛けをしないで栽培します。袋掛け栽培の果実に比べると、外観的には美しさではやや見劣りすることがありますが、太陽の光をまるまる受けるためビタミンCや糖の含有量が高く、貯蔵性も優れています。
 果樹の無袋栽培については、60~70年以前から推奨されていましたが、病害虫の防除技術が確立された1960年頃から盛んになりました。
 
 

商品カテゴリ

2022年新春セール

穀 類

青果物

山のもの

漬 物

加工品

植物

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ