エダケ 200g 山形県庄内産 【庄内の恵み屋】

価格: ¥1,296 (税込)
[ポイント還元 13ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

エダケ 

※ お届けは4月下旬頃からとなります

(採取時期は天候具合で前後することがあります)

  
 えだけは「あいこ」ともいい、ミヤマイラクサ(深山刺草)のことで、その名のとおり茎や葉にトゲのあるイラクサ科の多年草です。素手でさわると、びっしりと生えたトゲが刺さり、痛みやかゆみに襲われます。この痛がゆさが2時間ほど続きます。蜂の毒と同じ蟻酸のためです。名の由来は、刺されるとイライラするほど痛がゆいことからきているようです。
 えだけは、食べると大変美味しい山菜です。えだけの蟻酸成分は茹でる分解し、トゲも全く気にならなくなります。山菜のなかでも、これをベストに挙げる人もいるくらいです。
 えだけは、クセも苦味もなく、少し甘味を感じる淡白さが好まれています。えだけは、調理も楽なことから、山菜を食べたいが、クセや苦味が気になる方にはお勧めの山菜です。

薬  用  利  用 
採取・調整  えだけの一番勢いのある夏に、茎葉を採取して乾燥させます。
 乾燥でできたものを生薬では、蕁麻(じんま)といいます。
 イラクサの茎葉らは細かい棘があり、この棘にヒスタミンを含むため、指でさわると、いつまでも痛くて痒みが続き、これによって起こる炎症を、蕁麻疹(じんましん)と言ったことが、ジンマシンの名前の始まりと言われています。 
薬 効   疼痛、虫さされ 
使用方法   使用方法は、蕁麻を適量、布袋に入れて、鍋などで入れて煮だしてから風呂に入れて入浴します。血行を良くして体が温まります。
 毒虫などに刺された場合は、イラクサの新鮮な葉を良く揉んで出る汁を患部に塗布します。毒消しや痛みを和らげる作用があります。
 ヨーロッパでは、薬草として用いられていて、血糖値効果作用があり、糖尿病に健康茶として広く親しまれています。
 
 
えだけの生育風景 えだけの採取
あいこの生育風景 あいこの採取

食べ方
1.えだけのおひたし
 
えだけの葉を取り除き、塩を入れた熱湯でさっと茹でて、水にひたします。絞って水気を取り、食べやすい長さに切って鰹節と醤油でいただきます。
 えだけの味噌汁の具やごまなどと和えても良いです。
2.えだけの炒め物
 えだけの茹でて下処理してあるえだけを絞って水気を除き、食べやすい長さに切ります。鍋に油をひいて炒め、酒、みりん、塩で味をととのえていただきます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ