天然しどけ(もみじがさ) 山形県庄内産 【庄内の恵み屋】

価格: ¥1,296 (税込) ¥5,400 (税込)
[ポイント還元 13ポイント~]
数量:
数量区分価格在庫購入
200g¥1,296(税込)在庫あり
1kg¥5,400(税込)在庫あり

返品についての詳細はこちら

しどけ 

※ お届けは4月中旬頃からとなります

(採取時期は天候具合で前後することがあります)

  
 しどけ(モミジガサ)は、葉が開くまでは傘のようで、開くとモミジに似ていることからモミジガサと呼ばれます。東北ではしどけの名ほうが通りやすいです。木下藤吉郎の好物と言われ、キノシタ・トウキチロウとも呼ばれています。
 しどけは、独特の高い香りとちょうどよいほろ苦さがあり、トロリとした味わいの中に、サックとした歯ごたえがあり、山菜中の山菜として人気があります。
 しどけは、やわらかく、アクも少ない山菜ですが、食べやすくするために、アクを抜きすぎると特有の旨みを損ないます。
 しどけは、しばしばヤブレガサと混同されがちですが、葉の切れ込み方に違いがあるので見分けられます。葉の表面が綿毛で覆われているのがヤブレガサで、つやつやしているのがモミジガサである。

抗がん作用のあるバイオプローブ 
 シドケには、抗がん作用のある機能性物質(バイオプローグ)「ビサボラン型セスキテルペンのエンドバーオキサイド」が含まれていることが、岩手大学農学部の研究で明らかになりました。今後、医薬品やサプリメント、特定保健用食品、機能性食品などへの応用が期待されています。 
 
しどけ 

食べ方
1.しどけのおひたし
  
しどけの葉を取り、茎の堅いところは捨てます。しどけを塩をひとつまみ入れて湯がいた後、水にさらして、アクを抜きます。よく水気を絞り、、かつおぶしと醤油でいただきます。

2.しどけの天ぷら
 
しどけの葉の天ぷらは、一枚ずつ揚げると形がきれいです。生のまま、高温の油でサッと揚げます。

3.油炒め
 
しどけを細かく切って、油・バターなどで炒める。塩、コショウ、醤油を加え味を整える。葉、茎とも利用できます。
しどけの生育風景  しどけ

商品カテゴリ

2022年新春セール

穀 類

青果物

山のもの

漬 物

加工品

植物

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ