ユキザサ 50g 山形県庄内産 【庄内の恵み屋】

価格: ¥1,620 (税込)
[ポイント還元 16ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

 ユキザサ

※ お届けは4月下旬頃からとなります

(採取時期は天候具合で前後することがあります)

  
 ユキザサは、ササに似た葉をもち、白い小花を開いた様子は、雪の結晶を散りばめたようでチャーミングです。ユキザサは、茶席にも用いられる事さえあります。
 
ユキザサは、草丈20~30㎝と小型の多年草で、ササ状の葉は茎の両側に並んで互生します。ユキザサは、散在することが多く、群落をなすことはありません。このため、採取できる量もごくわずかで、ユキザサだけでいろいろな料理を楽しむことはできません。
 ユキザサは、美味しい山菜として知られ、北海道ではアズキナの名前で食用に親しまれています。

薬  用  利  用 
採取・調整  春~秋に根茎を掘り取り、良く水洗いして日干しで乾燥させます。
 日干し乾燥させたものを生薬で鹿薬(ろくやく)といいます。 
薬 効   頭痛、リュウマチの疼痛、打撲傷、乳腺炎など  
使用方法   鹿薬を1日量3~6gを、水400㍉リットルで、半量まで煎じて、3回にわけて服用します。
 打撲傷や乳腺炎などには、生の根茎を良く洗い、砕いて患部に塗布します。
 9月頃、赤く熟した果実をつぶさないように摘み集め、2~3倍量のホワイトリッカーやドライ・ジンに漬けると、すぐにモーブ・ピンク色に染まり、3~4ヶ月で、やや甘い、スパイス辛さのある、クリムソン・レッド色のレア・リキュールができます。  
 
 
 
ユキザサ     ユキザサ
 

食べ方
 ユキザサは、茹でておひたしにするのを基本とします。ユキザサをさっと茹でて水にさらし、束ねて水を切り、長さ5㎝ほどに切りそろえ、盛りつけます。そして食べる間際に削り節をのせ、醤油をかけて食べます。
 ユキザサは、アクが少ないので、生のまま天ぷら、汁の実にも向きます、また酢味噌、ゴマ味噌などで和えても美味しいです。

商品カテゴリ

2022年新春セール

穀 類

青果物

山のもの

漬 物

加工品

植物

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ